近藤和夫教授(微小めっき研究センター 所長)が開発した、銅の電解メッキでタッチパネル用透明電極に有望な線幅1マイクロメートル以下の微細メッシュを形成する基本技術について、日刊工業新聞に掲載されました。

近藤先生はメッキの専門家としても有名で、TV番組にも出演されています。


記事はこちらから(日刊工業新聞Web)
http://www.nikkan.co.jp/articles/view/00385939
(サイトの公開期間が終了し、リンク切れとなっている場合はご了承ください)