工学研究科の中川智皓助教が取り組む高校での英語ディベート実践授業についての記事が、大阪日日新聞に掲載されました。(サイトの公開期間が終了し、リンク切れとなっている場合はご了承ください)

英語に親しむ 第7部「生かす」
http://www.pressnet.co.jp/osaka/kiji/161126_19.shtml

中川智皓助教中川助教は、大阪府立大学工学研究科で機械システム工学を専門とし、パーソナルモビリティ・ビークルの研究等に取り組む一方、即興型英語ディベート(パーラメンタリーディベート)手法を教育現場に導入する活動を行う「一般社団法人パーラメンタリーディベート人財育成協会」の代表理事を務め、これまで250校以上の高等学校に即興型英語ディベート手法を紹介しております。

中川助教経歴
http://englishdebate.org/scholar/

 

写真は、2014年に実施された英語ディベート研修の様子です。
また、文部科学省助成事業「高等学校における即興型英語ディベートプロジェクト」も推進しております。
英語ディベートの様子

 

【関連サイト】
・大阪府立大学Webサイト プレスリリース(2016.5.31)/学校の教育現場に「即興型英語ディベート手法」が広まる機運へ―教員の指導力向上のための研修として、文部科学省が採択―
・文部科学省助成事業 高等学校における即興型英語ディベートプロジェクト
・一般社団法人 パーラメンタリーディベート人財育成協会