コニカミノルタ株式会社 産業光学システム事業本部 状態監視ソリューション事業部 第1事業推進部 逢坂 良樹さん

IDecインターンシップ体験レポート

逢坂 良樹さん

20163月 工学研究科  電子・数物系専攻 電子物理工学分野  博士後期課程修了

コニカミノルタ株式会社

産業光学システム事業本部 状態監視ソリューション事業部 第1事業推進部

インターンシップで自分の強み弱みを知る

私は、光学製品をメインに事業展開を行う、コニカミノルタ株式会社で3ヶ月間のインターンシップに参加しました。インターンシップ先でのテーマは、高温環境下で発生する光学薄膜のひび割れの改善という、製品の信頼性向上に向けた取り組みでした。

私は博士課程で理論研究を行っていたため、実験の経験は殆ど無い状態であり、当初は企業で通用するのか不安に感じながらインターンシップに参加していました。また、大学という産業界とは少し離れた場所に長期間いることにより、産業界には馴染めなくなっているのではないかという不安もありました。しかし、一定期間実務に関わり、企業の人と接することで不安は解消され、自分が企業に属して働く姿を強くイメージできるようになりました。また、異なるテーマでも基礎学問は同じため、原理を理解するところは特にハードルを感じませんでしたが、実験経験がない分、実験の精度を高めるための工夫が不足しているという自身の課題を見つけることができました。

その後、当該企業に採用されて2年になりますが、入社前から企業で働くイメージができていたため、大きなギャップを感じることはありませんでした。また、現在の業務はインターンシップのときのテーマとは異なりますが、製品の信頼性向上はどのテーマでも重要な課題であり、根本的な考え方は同じため、インターンシップの経験や人とのつながりは、現在も活かされています。加えて、近年の目覚ましい技術発展に伴い社内での開発スピードも早く、状況に応じてチーム異動することもありますが、これまで幅広く経験してきたことが自信につながっているとも感じています。

私は、インターンシップに参加することで研究が一時的にストップしてしまう事への不安もありましたが、企業で働くことの経験と自信を得る事ができ、その後有意義な博士課程を送る事が出来きました。後輩の皆さんも、是非積極的に本プログラムに参加してみて下さい。

IDec(アイデック)とは
IDec(Innovative Doctor education center)は、大阪府立大学高度人材育成センターの通称です。
▼高度人材育成センター