img_title_ishida

経済にも活用できるプログラミングをより深く学んでいきたい

現代システム科学域 知識情報システム学類
(2017年度入学)

学類入学石田 爽さん

知識情報システム学類を受験した理由は?

高校時代の私は様々なことに興味はあるものの、自分のやりたいことを見つけられませんでした。しかし、色々な大学の学部を調べていた時に、この大学の現代システム科学域に出会いました。
この学域なら、理系・文系といった枠にとらわれず勉強できると感じました。その中でも、特に興味のあるプログラミングについて学ぶことができる知識情報システム学類を受験しました。

入学当初と現在では、学習に対する意識の変化はありますか?

入学当初、全く知識の無かったプログラミングの学習をすることに対し、難しくて授業についていくことができないのではないかという大きな不安がありました。しかし、実際の授業(特に演習の授業)はとてもわかりやすく、同級生と共に課題に取り組むことで学習がより楽しくなりました。また、教職課程も履修し、高校の情報の免許取得に向けても頑張っています。

今後どのようなことを学んでいきたいと思っていますか?

今はプログラミングを経済に活用させる社会科学系の分野に興味があり、3年次の演習も社会科学系を希望しています。さらにマーケティングなどについても学習することができればと思っています。そのような学びに、2年次までに学習したプログラミングの内容も活用していきたいです。また、教職課程における教育実習が4年次にあるので、そちらに向けても準備を進めていきたいと考えています。