▼プロフィール

森本 優子(もりもと ゆうこ)さん
現代システム科学域 環境システム学類 3年生

●留学体験レポート

海外に興味を持ったのは、2年生春休みに台湾に行ったことがきっかけでした。国が違うだけでこんなに人が違うのか、自分はまだまだ狭い世界にいるなと感じました。

2年生夏休みには現代システム科学域の海外インターンシップでカンボジアに行き、さまざまな体験をしました。そのようなことがきっかけで、文部科学省の「トビタテ!留学Japan」という奨学金制度に興味を持ち、トビタテに合格した府大の先輩たちのコミュニティに参加し、そこで出会った人が刺激となり、トビタテに応募することになりました。

府大の先輩たちが、留学計画の添削や面接対策をしてくれたので、トビタテに合格できました。トビタテを活用し、私はイギリスのエクセター大学の心理学部一年生として、様々な分野の心理学の授業を受講しました。

留学当時は研究室に配属されていませんでしたが、研究テーマが決まっていない学部生の時期だからこそ、柔軟に様々な分野の研究に触れ、世界中から集まった学生たちと議論し学ぶことができました。

留学によって身に就いた度胸や知識、価値観は何物にも代えがたいと今振り返って思います。留学を終えた私は、今度は私が留学を応援しようと考え、文科省留学促進本部学生ブランドマネージャーとなり、後輩のサポートをしています。留学に興味のあるみなさん、一緒にトビタテの輪を広げましょう!

●留学中の1日のスケジュール

7時 起床
8時~9時 大学のジムで運動
9時30分~13時 授業
13時~14時 昼食
14時~16時30分 授業
16時30分~19時 図書館で授業の復習
19時~20時30分 ダンスのチーム練習
21時~22時 夕食
22時~23時30分 フリータイム
24時 就寝

【寄稿日:2019年6月】
【寄稿:森本 優子(現代システム科学域 環境システム学類 3年)】※所属・学年は取材当時