中辻 匡俊さん(日東紡績株式会社)
2018年3月 大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 博士後期課程 修了

中辻匡俊さん

現在の企業名・職務内容
私は、2018年3月に生命環境科学研究科 応用生命科学専攻 博士後期課程を修了し、博士号を取得しました。

現在は日東紡績株式会社に勤務し、癌の新規診断技術の研究開発を行っています。

生命機能化学課程(研究室で)取り組んだこと、現在の仕事に生かされていること
大学院時代は、生体高分子機能学研究室(乾 隆 教授)に所属し、生体内輸送タンパク質を用いて、難水溶性の抗癌剤を腫瘍組織のみに送達する新規のドラッグデリバリーシステムの研究を行っていました。

当時、所属研究室では「Let’s Enjoy Science」をモットーに、主体的に研究に取り組み、多くの貴重な経験をさせていただきました。自身で研究計画を立案することはもちろん、得られた結果を論理的に解釈し、議論することで、研究者としてだけでなく、社会人としても必要となる計画性や論理性を身に付けられたと思います。

また、研究室で実施困難な実験であっても諦めるのではなく、外部の研究機関に派遣させていただきました。特に、理化学研究所でのPETイメージングや大型放射光施設SPring-8での実験は、今でも鮮明に記憶に残っています。もちろん、異なる専門分野の実験を行うため、自身も勉強が必要であり、大変な部分もありましたが、大きく成長できる非常に恵まれた環境であったと思います。

こういった経験から、現在の職場においても計画的に業務を実施することができ、たとえ異なる専門分野の研究や研究以外の業務であっても、物怖じせずに主体的かつ、諦めずに粘り強く取り組むことができていると感じています。

また、病院の先生方と共同研究をさせていただくことも多々ありますが、その際に外部の研究者との議論の経験が役立っていると実感しています。

高校生へのメッセージ
大阪府立大学と大阪市立大学の合併により、さらに異分野の知識に触れることのできる機会が増え、分野横断的な相乗効果が活発に生まれると思います。

本大学は、さまざまなことを学び・経験できるチャンスがたくさんあります。皆さんも「Let’s Enjoy Science」しませんか。

【寄稿:2021年3月】※所属は寄稿当時。