中井 秀輔さん (奈良県立青翔中学・高等学校 理科教員)
2019年3月 大阪府立大学 生命環境科学域 応用生命科学類 卒業


生物のすばらしさを次世代に伝える

私は奈良県立青翔中学・高等学校に理科教員として勤務しています。専門科目の生物の授業だけでなく、理数科校ならではの探究活動や学校業務、部活動指導など多くの仕事がありますが、その全てで生徒の成長を感じることができます。生徒と向き合い、互いに成長できる楽しさが教員の魅力です。私は教員になるのが高校生の時からの夢でした。しかし、他の興味も探してみたいと思い農学部の前身である生命環境科学域で学ぶことを決めました。教員を目指すことに変わりはありませんでしたが、4年間の経験は確かな力となりました。研究を通して得た興味や手段、自ら試し改善して人に伝える力は生物の授業だけでなく探究活動にも役立っています。

高校生へのメッセージ

確かに勉強したこと全てが直接的に役立つわけではありません。しかし、ここで得た知識や手段、出会いはこの先の人生を必ず豊かにしてくれます。植物や環境という身近な不思議を農業の視点から探り、様々な興味を見つけてみてください。

【寄稿:2021年3月】※所属は寄稿当時。