「ミチテイク・プラス」大阪府立大学Webマガジン | 未知を知って「満ちていく」あなたの世界“MichiTake”

次世代のAIエンジニアをめざして/知識情報システム学類「人工知能」レポート

次世代のAIエンジニアをめざして/知識情報システム学類「人工知能」レポート

『人工知能(AI)』とは、人間の脳が行っている知的な作業をコンピュータで模倣したソフトウェアやシステムのこと。世界各国で人工知能を活用したサービスや研究が、現在進行形で生まれています。身近なところでは、スマートフォン(音 […]

データのどこに着目し、どのように読み取るか/マネジメント学類「経済データサイエンス入門」レポート

データのどこに着目し、どのように読み取るか/マネジメント学類「経済データサイエンス入門」レポート

2018年度より、現代システム科学域 マネジメント学類に新設された「経済データサイエンス課程」(以下、経済DS課程)。課程配属は新入生が2年次になる2019年度に行われるので、まだ新入生は課程の区別なく学類単位で学んでお […]

国際租税法「税の役割と税制の現状について」/講義潜入レポート

国際租税法「税の役割と税制の現状について」/講義潜入レポート

11/29、国際租税法の授業に、堺税務署の石橋副署長がお越しになり、ゲスト講師としてお話をいただきました。テーマは、「税の役割と税制の現状について」租税に関する基礎的な知識から実際に税務署が行う業務まで、90分という限ら […]

なぜ、大阪がIR誘致をめざすのか/現代システム科学域「マネジメントとサスティナビリティ」レポート

なぜ、大阪がIR誘致をめざすのか/現代システム科学域「マネジメントとサスティナビリティ」レポート

11/13、現代システム科学域の3つの学類の垣根を超えた学域共通科目である「マネジメントとサスティナビリティ」の授業に、大阪府・大阪市IR推進局の井谷さんがゲストスピーカーとして登壇され「なぜ、大阪がIR誘致をめざすのか […]

言語の接触を題材に、多文化共生について学ぶ/環境システム学類「言語の社会システムA」レポート

言語の接触を題材に、多文化共生について学ぶ/環境システム学類「言語の社会システムA」レポート

多文化共生は、21世紀を生きる私たちにとって非常に大きなテーマです。かつて世界をわかりやすく分割していた“国家”や“地域”といった境界は、グローバル化によってきわめて曖昧なものになりました。社会的にも、経済的にも、そして […]

環境問題の解決に心理学が寄与!/環境システム学類「環境心理学」レポート

環境問題の解決に心理学が寄与!/環境システム学類「環境心理学」レポート

「環境心理学」は、身の回りにある環境を構成する社会的・物理的要因と、人の心理・行動との関係について考え、人や社会にとって望ましい環境とはどのようなものなのか、その実現には何が必要なのかを論じる学問。 その入り口を学べる講 […]

環境システム学類 「社会構想の文化史」(社会学) レポート

環境システム学類 「社会構想の文化史」(社会学) レポート

環境システム学類 社会共生科学課程の講義レポートとして、酒井隆史教授の「社会構想の文化史」を取材しました。酒井教授は現代システム科学域環境システム学類 社会共生科学課程の研究教育活動を主に担当、専門は社会学、社会思想で、 […]

データからみる世界と日本の経済・社会の本当の姿/吉田素教 教授

データからみる世界と日本の経済・社会の本当の姿/吉田素教 教授

2017年7月、「持続可能な現代社会の創造に向けて」と題した平成29年度現代システム科学域連続セミナー全6回のうちのひとつとして、「データからみる世界と日本の経済・社会の本当の姿」と題したセミナーが行われました。 吉田素 […]

現代システム科学域 共通科目「環境とサステイナビリティ」~気候変動と資源枯渇~レポート

現代システム科学域 共通科目「環境とサステイナビリティ」~気候変動と資源枯渇~レポート

本学の現代システム科学域には知識情報システム学類、環境システム学類、マネジメント学類という3つの学類がありますが、そのすべての学生が受講できる講義があります。その中の一つが「環境とサステイナビリティ」です。この講義の目的 […]

現代システム科学域 共通科目「環境とサステイナビリティ」レポート

現代システム科学域 共通科目「環境とサステイナビリティ」レポート

2017年7月14日、現代システム科学域の3つの学類の垣根を超えた学域共通科目、「環境とサステイナビリティ」がUホール白鷺にて行われました。 取材したこの回は、大塚耕司教授が担当する「環境共生科学の視点」の一環として、ゲ […]

このページの先頭へ