「ミチテイク・プラス」大阪府立大学Webマガジン | 未知を知って「満ちていく」あなたの世界“MichiTake”

【大阪公立大学 情報学研究科新設への期待】大阪府立大学大学院 人間社会システム科学研究科 現代システム科学専攻/瀬田和久教授

【大阪公立大学 情報学研究科新設への期待】大阪府立大学大学院 人間社会システム科学研究科 現代システム科学専攻/瀬田和久教授

゛学習支援システム研究がもたらす知的活動の未来像 ” 瀬田 和久(せた かずひさ)教授 大阪府立大学大学院 人間社会システム科学研究科 現代システム科学専攻   2022年4月開学予定の大阪公立大学(仮称:設置 […]

今寝れば君は夢を見るが、今勉強すれば君は夢を叶える。/人間社会システム科学研究科 知識情報システム学分野 福岡 克也さん

今寝れば君は夢を見るが、今勉強すれば君は夢を叶える。/人間社会システム科学研究科 知識情報システム学分野 福岡 克也さん

福岡 克也(ふくおか かつや)さん 2016年3月 大阪府立清水谷高等学校 卒業 2020年3月 現代システム科学域 知識情報システム学類 卒業 2020年4月 人間社会システム科学研究科 現代システム科学専攻 知識情報 […]

卒業生の声/人間社会システム科学研究科 知識情報システム学分野 アイエドゥン・エマヌエルさん

卒業生の声/人間社会システム科学研究科 知識情報システム学分野 アイエドゥン・エマヌエルさん

アイエドゥン・エマヌエルさん(関西大学 システム理工学部 電気電子情報工学科 助教) 2020年3月 大阪府立大学大学院 人間社会システム科学研究科 博士後期課程 修了 ――現在のお仕事について教えてください。 私は大阪 […]

無人島のゴミ問題を通じて 持続可能な社会の構築につなぐ。 /現代システム科学域環境システム学類 千葉知世 准教授

無人島のゴミ問題を通じて 持続可能な社会の構築につなぐ。 /現代システム科学域環境システム学類 千葉知世 准教授

2019年に開かれたG20大阪サミットで,世界共通のビジョンとして,2050年までに海洋プラスチックごみによる追加的な汚染をゼロにまで削減することを目指す,「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」が採択されました。世界が注目 […]

「多面的な視野が備わった」IRIS第1期に参加して/黒田桂菜准教授(IRIS OG)

「多面的な視野が備わった」IRIS第1期に参加して/黒田桂菜准教授(IRIS OG)

地域の人々に身近なロールモデルとして科学の魅力を伝え、学問の裾野を広めるべく2010年に発足したIRIS(大阪府立大学理系女子大学院生チーム)。 その1期生として現在の活動の礎を築いた1人が、黒田桂菜さん(現・大阪府立大 […]

海と陸をつなぐ技術と仕組みを研究して持続可能な循環型社会の構築に貢献する。/現代システム科学域環境システム学類 黒田桂菜 准教授

海と陸をつなぐ技術と仕組みを研究して持続可能な循環型社会の構築に貢献する。/現代システム科学域環境システム学類 黒田桂菜 准教授

現代社会の問題を俯瞰的に捉え、持続可能な社会の実現をリードする人材を育てる現代システム科学域。自然・社会・人間にかかわる分野を横断的に学びながら、現代の環境に関する課題解決に取り組んでいる環境システム学類で「海陸一体型の […]

学生作成 防災マニュアル案を用いた「府大生による災害時の救援設備立ち上げ模擬作業」実施レポート

学生作成 防災マニュアル案を用いた「府大生による災害時の救援設備立ち上げ模擬作業」実施レポート

2020年12月18日(金)中百舌鳥キャンパス 馬場にて、「府大生による災害時の救援設備立ち上げ模擬作業〈地域再生副専攻〉」が行われました。この活動は本学の地域防災センター、馬術部および地域実践演習 受講生の協働で実施し […]

実録・アカデミックカフェ!「親子になる・家族になる―色・イロ・いろんな親子のカタチ―」伊藤 嘉余子 先生

実録・アカデミックカフェ!「親子になる・家族になる―色・イロ・いろんな親子のカタチ―」伊藤 嘉余子 先生

2020年11月13日(金)I-siteなんばにある「まちライブラリー@大阪府立大学」でアカデミックカフェが開催されました。カタリストは大阪府立大学 教育福祉学類の伊藤嘉余子(いとうかよこ)教授。テーマは「親子になる・家 […]

吉田敦彦副学長 掲載記事 / 産学トップによる「採用と大学教育の未来に関する提言」を受けて

吉田敦彦副学長 掲載記事 / 産学トップによる「採用と大学教育の未来に関する提言」を受けて

【時 評】産学トップによる「採用と大学教育の未来に関する提言」を受けて―基本スタンスにおける三つの重点移動に焦点を当てて― 大阪府立大学副学長・教授 吉田敦彦 経団連と国公私立大学のトップをメンバーとする「採用と大学教育 […]

このページの先頭へ