「ミチテイク・プラス」大阪府立大学Webマガジン | 未知を知って「満ちていく」あなたの世界“MichiTake”

世界を舞台に、教育に対して新しい知見をもたらす/人間社会システム科学研究科 知識情報システム学分野 アイエドゥン・エマヌエルさん

世界を舞台に、教育に対して新しい知見をもたらす/人間社会システム科学研究科 知識情報システム学分野 アイエドゥン・エマヌエルさん

大阪府立大学は、社会の中の急激な変化に対応し、さまざまな現代社会の問題を解決できる人材の育成をめざし、2012年4月に「4学域13学類体制」をスタートしました。今回は学域1期生であり、現在は大学院で研究を続けているアイエ […]

次世代のAIエンジニアをめざして/知識情報システム学類「人工知能」レポート

次世代のAIエンジニアをめざして/知識情報システム学類「人工知能」レポート

『人工知能(AI)』とは、人間の脳が行っている知的な作業をコンピュータで模倣したソフトウェアやシステムのこと。世界各国で人工知能を活用したサービスや研究が、現在進行形で生まれています。身近なところでは、スマートフォン(音 […]

研究とビジネスの二足のわらじを履く。学生起業家 安達健二さん/工学研究科電気・情報系専攻

研究とビジネスの二足のわらじを履く。学生起業家 安達健二さん/工学研究科電気・情報系専攻

11/27、現役音大生の出張演奏サービスである「LiveDeli」を立ち上げ経営されている、工学研究科安達健二さんにお話を伺いました。   ▼プロフィール 学生起業家:安達 健二さん 現代システム科学域 知識情 […]

なぜ、大阪がIR誘致をめざすのか/現代システム科学域「マネジメントとサスティナビリティ」レポート

なぜ、大阪がIR誘致をめざすのか/現代システム科学域「マネジメントとサスティナビリティ」レポート

11/13、現代システム科学域の3つの学類の垣根を超えた学域共通科目である「マネジメントとサスティナビリティ」の授業に、大阪府・大阪市IR推進局の井谷さんがゲストスピーカーとして登壇され「なぜ、大阪がIR誘致をめざすのか […]

現代システム科学域 共通科目「環境とサステイナビリティ」~気候変動と資源枯渇~レポート

現代システム科学域 共通科目「環境とサステイナビリティ」~気候変動と資源枯渇~レポート

本学の現代システム科学域には知識情報システム学類、環境システム学類、マネジメント学類という3つの学類がありますが、そのすべての学生が受講できる講義があります。その中の一つが「環境とサステイナビリティ」です。この講義の目的 […]

現代システム科学域 共通科目「環境とサステイナビリティ」レポート

現代システム科学域 共通科目「環境とサステイナビリティ」レポート

2017年7月14日、現代システム科学域の3つの学類の垣根を超えた学域共通科目、「環境とサステイナビリティ」がUホール白鷺にて行われました。 取材したこの回は、大塚耕司教授が担当する「環境共生科学の視点」の一環として、ゲ […]

このページの先頭へ