「ミチテイク・プラス」大阪府立大学Webマガジン | 未知を知って「満ちていく」あなたの世界“MichiTake”

絞り込み:

まだまだ謎に満ちた「寄生植物」を探る!/生命環境科学研究科 清水皇稀さん、江川美菜子さん

まだまだ謎に満ちた「寄生植物」を探る!/生命環境科学研究科 清水皇稀さん、江川美菜子さん

植物への興味・関心から植物バイオサイエンス研究の道に進み、今は機能ゲノム科学研究グループで「寄生植物」をテーマに研究を進めている清水さん、江川さん。なんと珍しいことに、まったく同じ日に、別々の国際論文誌の論文掲載連絡をも […]

応用生命科学類「構造生物学」レポート

応用生命科学類「構造生物学」レポート

「構造生物学」とは、生体高分子(タンパク質、核酸、多糖類)の機能を、それらの高次構造の知見を基に理解しようとする学問です。大阪府立大学では、生命環境科学域 応用生命科学類 生命機能化学課程の2年生が主に受講する授業として […]

おいしい食品を、おいしいまま食卓に届けたい/応用生命科学類「食品保蔵・添加物論」レポート

おいしい食品を、おいしいまま食卓に届けたい/応用生命科学類「食品保蔵・添加物論」レポート

“おいしい食品を、おいしいまま食卓に届けたい。「食」の世界での活躍を考える学生に向けた授業です“ 将来、食品に関わる業界での活躍をめざす人にとって、「食品保蔵・添加物論」は貴重な知識を学べる授業です。 この授業は応用生命 […]

ゲノム配列の組換えをDNAモデルで実演/応用生命科学類「ゲノム生物学」レポート

ゲノム配列の組換えをDNAモデルで実演/応用生命科学類「ゲノム生物学」レポート

応用生命科学類 植物バイオサイエンス課程 青木考教授の授業「ゲノム生物学」 ゲノム配列の組換えをDNA二重らせん構造モデルで実演し、体感的にゲノム科学の基礎を学ぶ。   医療分野でエイズやがんを治し、農業分野で […]

植物の病を科学する!/応用生命科学類「植物病理学」レポート

植物の病を科学する!/応用生命科学類「植物病理学」レポート

植物病理学とは植物の病気についての科学。近年は宿主植物と病原微生物との相互関係についての研究が進み、農作物保護の応用面ばかりでなく「植物科学の基礎」として重要性も高まっている分野です。 大阪府立大学では応用生命科学類 植 […]

大事なことは、自分が何を研究したいのか。/生命環境科学研究科 応用生命科学専攻 笹井晋作さん

大事なことは、自分が何を研究したいのか。/生命環境科学研究科 応用生命科学専攻 笹井晋作さん

11/6、生命環境科学研究科応用生命科学専攻 博士前期課程2年の笹井晋作さんにお話を伺いました。 笹井さんは、ウイルス感染が宿主菌の環境耐性に及ぼす影響を研究しており、2017年4月には、公益財団法人日本科学協会が実施す […]

まずは実践、反復!/応用生命科学類「植物科学基礎実験」レポート

まずは実践、反復!/応用生命科学類「植物科学基礎実験」レポート

応用生命科学類 植物バイオサイエンス課程(生命環境科学域)の講義レポートとして、「植物科学基礎実験」の小川拓水助教の担当回、「無菌操作・発光遺伝子の大腸菌への導入(2)」の授業を取材しました。 この授業は学部(府大では学 […]

FSPPサイエンスセミナー「ゲノム編集って何だろう」/応用生命科学類 小泉 望 教授

FSPPサイエンスセミナー「ゲノム編集って何だろう」/応用生命科学類 小泉 望 教授

  ここ1、2年、さまざまなメディアでその名を目にする「ゲノム編集」。ゲノム編集は遺伝子の狙った部分を高精度で改変する技術。世間の興味関心も高い一方、それが何かについてきちんと知り、理解することが必要です。(特にこれから […]

実録・アカデミックカフェ!「染色体先端部からヒトの健康寿命を予測する」児玉靖司 先生

実録・アカデミックカフェ!「染色体先端部からヒトの健康寿命を予測する」児玉靖司 先生

I-siteなんば「まちライブラリー@大阪府立大学」で2017年8月18日(金)に開催された第36回アカデミックカフェでは、カタリストに大学院 理学系研究科の児玉靖司教授にお招きし、「染色体先端部からヒトの健康寿命を予測 […]

自然科学類(理学類)「タンパク質化学」レポート

自然科学類(理学類)「タンパク質化学」レポート

バイオサイエンスの基礎となる「タンパク質」を学んで、 社会に笑顔を増やすバイオ創薬分野で活躍して欲しい。 藤井 郁雄 教授 大学院理学系研究科 生物科学専攻、薬学博士、大阪府立大学キーパーソン教授大阪府立大学ケミカルバイ […]

このページの先頭へ