山口 友輔さん(独立行政法人 都市再生機構)
2019年3月 大阪府立大学大学院 ⽣命環境科学研究科 博士前期課程 修了

 

⽣命環境科学研究科で学び、現在の仕事に生かされていること

山口友輔さん

⾃分が住む地域の緑を守りたいと考え、この学科を志望しました。緑に関する講義を受けるなかで、⼤気、⽔、⼟、⽣物に加えて⼈の活動も緑にとって極めて重要な要素であり、それらが組み合わさって景観や⽂化が形成されていることを知りました。それがきっかけで、⼈々の多様な活動を展開するための緑地計画を学ぶことを決めました。研究に取り組む過程では、専⾨知識の修得に加えて、課題を読み解く⼒や提案⼒が鍛えられました。今、私はこうした学びや経験を活かし、⼈が輝く都市をめざして、まちづくりの仕事をしています。時代は急速に変化しますが、⼈が輝くことの価値は変わらない、そう信じて仕事に取り組んでいます。

高校生へのメッセージ

緑地に関する専⾨知識の修得はもちろん、様々なフィールドで活躍されている⽅々と出会い、会話して、これからの⼈⽣に活きる知識や経験が得られます。そうした環境で⼤いに学んで下さい!

 

【寄稿:2021年3月】※所属は寄稿当時。