徳本 健人さん(エステー株式会社)
2020年3月 大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 博士前期課程 修了

徳本健人さん

現在の企業名・職務内容
初めまして! 私は2020年3月に応用生命科学専攻の博士前期課程を修了し、現在はエステー株式会社の研究グループの一員として働いております。

私は衛生分野の担当で天然由来の新規除菌剤の探索や成分分析など数年先の製品への応用を見据えた基礎研究を行っており、日々、微生物試験やGC-MS、HPLCでの分析に励んでおります。

生命機能化学課程(研究室で)取り組んだこと
学生時代は生命分子合成学研究グループに所属し、農薬や医薬品への応用が期待される生理活性物質の新規合成法の開発の研究を行っていました。

学生時代の経験で、現在の仕事に生かされていること
現在の職場での生物学的な研究とは異なる化合物合成の研究を行っておりましたが、
・試験系を考える力
・締切りを考えて、すべきことを洗い出し予定を立てる力
・授業や学生実験で学んだ化学、生物学の基礎知識
は、今の職場でも活きているなと感じます。

応用生命科学課程の魅力
大阪府立大学の応用生命科学課程の1番の魅力は「物理学」、「化学」、「生物学」のすべての授業や実験を選択できるところにあると思います。幅広い分野の知識を学べるため、まだ将来どんな仕事に就きたいか悩んでいる人でも、じっくり学びながら考えることができます。

私も学生実験で実験の楽しさや自分たちの手で何かを生み出す「ものづくり」の楽しさを知ってから、人々の日々の生活をより豊かにできるような商品開発に携わりたいと強く想うようになり、現在の会社に就職を決めました。まだ商品開発の担当はしておりませんが、その強い想いを胸に、近い将来まだ世に出ていない画期的な商品の研究開発に携われるよう日々学びながら働いております。

高校生へのメッセージ
最後に、これからキャンパスライフを楽しみにしておられる皆さんに伝えておきたいことがあります。

大学では、自分が興味を持ったことには何でもとにかく挑戦してみてください。自分が学びたいこと、やってみたいことに挑戦できるのは大学生の特権です。社会人になってからそう思っても仕事のある生活の中でそのための時間を見い出すことはなかなかできません。

学生のうちに「これについてもっと知りたい、極めたい」と思うことが見つかれば、将来、自分が進みたい道を決めるきっかけになるかと思います。

私も社会人として、「皆様の生活に貢献できる新商品を開発する」という夢を実現できるよう頑張ります。

【寄稿:2021年2月22日】※所属は寄稿当時。