松本 哲平さん(堺市上下水道局 三宝水再生センター)
2014年3月 大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 博士前期課程 修了

松本哲平さん

現在の企業名・職務内容
私は現在、堺市上下水道局に在籍し、水再生センター(下水処理場)で、主に水質の管理を行なっています。

水再生センターでは、微生物の力を借りて、下水を処理して川や海に放流しています。そのためには日々下水の水質変化に対応して、より適切な処理を行うための分析、管理が欠かせません。

また、近年ではコスト削減、環境負荷軽減など新たな課題に直面しています。私は技術職員として、大学時代に学んだ知識も使いながら、課題解決に取り組んでいます。

自然が好きな私にとって、大阪湾など海や川の環境を守っていることもやりがいに感じて仕事に励んでいます。

生命機能化学課程(研究室で)取り組んだこと、現在の仕事に生かされていること
私は大学の間、土壌などの環境中の試料から、微生物を探索し、その微生物に重金属などを吸収させる研究を行っていました。土壌など、さまざまな種類の微生物を含んだ試料から、目的にあった微生物を探索するのは、時間のかかる作業でした。

研究室での経験から、私は、微生物に関する知識や、それ以上に、課題に対して、どのように取り組んでいくか考える力、考え方をまとめる力、また、素晴らしい仲間達を得ることができました。

高校生へのメッセージ
これから入学を目指す皆さまへ、大学で得ることができるのは知識だけではなく、他にもたくさんのものを得ることができます。

今の仕事でも、学んだ知識を活かしつつ、それ以上に、ものの見方や考え方など、知識以外の部分も広く使って業務にあたっています。

大学での生活を楽しんで、その上で自らの興味の赴くままにのびのびと歩んで行くことで、知識以上のものを得ることができるはずです。生命機能化学科は、毎日が有意義なものとなる場所としてオススメです!

【寄稿:2021年3月】※所属は寄稿当時。