「ミチテイク・プラス」大阪府立大学Webマガジン | 未知を知って「満ちていく」あなたの世界“MichiTake”

難しそうなこと、面倒そうなことに敢えてチャレンジしよう/グローバル特待生 多田あいりさん

難しそうなこと、面倒そうなことに敢えてチャレンジしよう/グローバル特待生 多田あいりさん

本学は、大学独自の給付型奨学金制度として新たに「グローバルリーダー育成奨学金制度」を設立し、学生9名をグローバル特待生(Honor Student with World-wide View)1期生に選びました。 この奨学 […]

東健司教授 最終講義「課題にいどむ過程で出合う難題は、神様からのプレゼント。」

東健司教授 最終講義「課題にいどむ過程で出合う難題は、神様からのプレゼント。」

2018年3月をもって退職された工学研究科 東健司 教授の最終講義が、3月27日、中百舌鳥キャンパスで行われました。講義のタイトルは「マテリアル設計・最適化研究とは?」。金属をしなやかに変形させる「超塑性(ちょうそせい) […]

化学という大河の上流を学べ、多様な”将来の夢“につながる/物質化学系学類 応用化学課程 齊藤真希さん

化学という大河の上流を学べ、多様な”将来の夢“につながる/物質化学系学類 応用化学課程 齊藤真希さん

物質の成り立ちを原子・分子レベルで探り、暮らしや文明の持続的発展に役立てるための知識と技術を学べる工学域 物質化学系学類。2年次から配属される3つの専門課程のうち、応用化学課程では分析化学、無機化学、有機化学、高分子化学 […]

ゼロからなにかを創造する。応用化学分野ではそんな化学の魅力を感じることができます/大学院 工学研究科 物質・化学系専攻 応用化学分野 石木健吾さん

ゼロからなにかを創造する。応用化学分野ではそんな化学の魅力を感じることができます/大学院 工学研究科 物質・化学系専攻 応用化学分野 石木健吾さん

物質の成り立ちを原子・分子レベルで探り、暮らしや文明の持続的発展に役立てるための知識と技術を学べる工学域 物質化学系学類。2年次から配属される3つの専門課程のうち、応用化学課程では分析化学、無機化学、有機化学、高分子化学 […]

実録・アカデミックカフェ!「材料は科学でどこまでかしこくなるだろうか」髙橋雅英 先生

実録・アカデミックカフェ!「材料は科学でどこまでかしこくなるだろうか」髙橋雅英 先生

2018年1月19日(金)、I-siteなんばにある「まちライブラリー@大阪府立大学」でアカデミックカフェが開催されました。カタリストは大阪府立大学 大学院 工学研究科 髙橋 雅英教授。テーマは「材料は科学でどこまでかし […]

ナノ材料は未来を創るマテリアル/物質化学系学類マテリアル工学課程 牧浦理恵 准教授

ナノ材料は未来を創るマテリアル/物質化学系学類マテリアル工学課程 牧浦理恵 准教授

自然科学を社会に役立てるための知識が学べる物質化学系学類。2年次からは応用化学、化学工学、マテリアル工学の3課程に別れ、専門性を磨くことができます。 3課程の中のマテリアル工学課程は、暮らしを豊かにする「材料」を創り出す […]

「粉」の可能性を切り拓く/化学工学分野装置工学グループ 綿野哲 教授

「粉」の可能性を切り拓く/化学工学分野装置工学グループ 綿野哲 教授

化学工学分野の8つの研究グループのひとつである「装置工学グループ」では、「粉」に関するさまざまな研究を積極的に行っています。おそらく受験する高校生にとって未知の世界……はたして粉の研究とはどのようなものなのか、同グループ […]

このページの先頭へ